バナー
  
上の画像をクリックで
 石川県管理センター情報
メルマガバナー

石川ドッグレスキューfacebook
最新情報はコチラから。
2012.03.11 一年
あの日から一年、、、、経ちましたね。

去年の今日、その時刻は家族のリハビリに向かう車中でした。

石川県のラジオのパーソナリティが番組中に

「あ、今地震速報が入りました。、、、、東北の方で地震があったよう、、、ですねぇ。
 、、、、お一人の方が怪我をされた、そうです。
 、、被害があまり無いといいですけど、、、それでは次の曲に行きましょう~!」

何ともノンキな口調と緊迫感の無い様子なので、私達もお一人の方、という事で能登地震の事を思い出し
怪我が大した事無いといいねぇ、、などと話しそのまま一時間半のリハビリへ。

PTの人達も仕事中なので、全然知らずラジオでそういえば地震あったみたいだよーって話したりしてました。

安心

その帰りの車中では、震度が思ったり大きい、という事と被害が分かりません、と言っていました。

その後はバタバタしていてやっと自宅へ帰る途中、コンビニに寄ったらその店のテレビに信じられない光景が。

手が

客も店員もみんな手を止め、足を止め、画面に釘付けになっていました。

いつもと何にも変わらないよね?ナニコレ??
戸惑いから、笑ってしまっている人もいました。私も同じ気持ちになりそうだったけどその日はダーが大阪に
出張中だったので我に返りすぐケータイに掛けたけど繋がりません。

ベッド

ドキドキしながら家に帰り、、、、関東の親戚は?被害は??と悶々としていましたが夜になって
ダーが帰ってきて、、、、

石川県では揺れを感じた、という人もいましたが、被害という被害は無かったです。

でも同じ日本で私がこう過ごしていた間、震災に直面されていた命。

必死で生き延びようとしていた命、力尽きた命。

いいねぇ

ついこの間、ニュージーランドであんな地震があったばかりなのに。

日が経つにつれ、どんどん明らかになる被害と明らかな対応の遅れ。対し救助の皆さんの働き。
世界中の人の声や気持ちが届いてきます。

笑ってる?

それで終わりじゃなかった、それから始まる想定《外》と言ってしまった原発事故。

今、こんなに穏やかな寝顔を見せてくれる徐庶も被害者です。

5ケ月、どうやって生きてきたのか。。。


ありこさんの猫の捕獲機に掛かり命を繋ぎ、にゃんだーさんの所で少しずつ犬としての暮らしを取り戻しました。

徐庶ちん、生きててくれて心からありがとう。

あなたの愛してくれた人達も無事でいてくれますように。

今尚、現地で必死で生きていてくれる命に目を背けず、天災は仕方ない事かも知れないけれど人災を起こした
同じ人間としてこれから一生償う為に、自分の出来る事を国民全員が考え行動しなくては、これからの未来を担う
子供達にバトンタッチ出来ません。

地震の被害が無かった石川県では、相変わらずどんどん犬猫を捨てていく人達がいます。

これから犬猫を迎えたい、と思っていらっしゃる方々、どうかご家族でお話合いになってみてくれませんか?

必死で生き抜いた命が優しい家族を待っています。

その子達がきちんとしたご縁を繋げば、また保護枠が空きます。

二度と別れを経験しなくても済むよう里親審査はどこも厳しいと思いますが必要な事です。

ウキキ

どこかの誰かの大事なかけがえのない、たった一つの命。今日もありがとうね。
Secret

TrackBackURL
→http://kyoenson.blog.fc2.com/tb.php/11-a5cf16dd