バナー
  
上の画像をクリックで
 石川県管理センター情報
メルマガバナー

石川ドッグレスキューfacebook
最新情報はコチラから。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロク最初
ロクくん

12歳で息子か?の今レスキュー受け入れのリュウと一緒に飼い主持ち込み。
ほとんど放し飼い状態で、ノミダニ全身中も外もすごい状態だったそうです。


里親のFさんは、ワンコ初心者の家族で、初心者の方でも飼える犬を捜していました。
何度かお問い合わせを頂いてたんですが、ご縁は繋がらず。。しばらく経って新しい家族を迎えました!と
ご連絡頂いたのが、この子でした。


トコママのセンター情報のブログを見て呼ばれたみたいに家族で行こう!となってその日に連れて帰ってきた、と。


これもご縁なんですよね。
もう初めての犬、初めてのノミダニ(^_^;)、初めての、、、、と初めて尽くしの中大変だったと思います。


でもしばらく経つとシニアだから、とお洋服買ってもらって散歩もたくさん行ってもらってみるみる赤ちゃん

ロクじらくさい?
ンフ、じらくさい顔です~と送ってくれた(どーゆー意味??)


Fさんは、シニアの子こそ初心者にも向いている!と実感されたそうです。
本当に穏やかでこちらの言う事を聞いてくれて、散歩の引っ張りもなく。


初めて犬を飼うなら仔犬から!と思う必要ないんです。

もちろん子犬にいい環境のご家庭には、子犬をお勧めしてその子の幸せを願います。


ただ最期まで面倒を見る、看取る事が飼い主の責任だと思いますので、ご自身の年齢やご同居の家族の意見、
少し先の未来、15年後の未来、を犬を迎える前に一度考えてみたら、きっと運命の子はいます。


センターに持ち込みをしない人はどっか知らない遠くへ捨てたり、という事も未だ横行している世の中。

あーきちさんは里親さんが思いもしなかった事でワンが首輪抜けをしていなくなり、今もずっとずっと捜しています。


本当にそれだけ根を詰めると体を壊すんじゃないかと心配になるくらい(んで、壊しちゃったじゃない汗)捜し続け。
そして土地柄なんですが、自分んちの子じゃない放浪犬の事で翻弄されています(T_T)


そしてまたご縁があって、痴呆になりつつある男の子を保護し今回腫瘍が見つかった事で里親探しを断念し
迎えられましたm(__)m


れとろままも猫ばっか、なのに、どうしてもれとろままに保護してほしかったんか?などう見てもばーさん倫ちゃんを
迷子で保護してそのまま大変な介護生活に入り、この前看取られました。


自分が保護した子を最後まで面倒見る。当たり前だけどなかなか出来ない事。そして頑張っちゃう人。
きっと、れとろままやあーきちさんを分かって選んできたのかな、と思います。


メルママも今までセンターに通い続けて思った事、感じた事、をパパとたくさん相談したんだろうな、
シニアの子の最期を看取る、という事にとりかかりました。



ほんの一部の方達だけど、この人達は《だって後少ししか一緒にいられないじゃん、悲しいから無理》なんて事
考えて迎えてないと思います。


何故か田舎では、老人が子犬を飼いたがりますが、余暇があって人生経験があって金銭的に不自由がないご老人こそ
シニアの子に目を向けて頂ければ、と思うんだけどな。


三将軍
うちの宝物


毎日癒してくれるお礼に、超ワガママなばーさん犬、じーさん犬になってね。
病気になんないよう気をつけるけど、こればっかはわかんないしこれからアンタらに何があっても傍にいてね。


皆さんも楽しいワンコライフを過ごされますよう。。。。。






Secret

TrackBackURL
→http://kyoenson.blog.fc2.com/tb.php/162-06e3c472
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。